四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です

税務QA 2017年6月号7月号

税務研究会の信者と化している私は税務QAという本も定期購読しています。

これはQ&A方式で色々説明してあってわかりやすいんですよねー

企業経理部は税務通信よりこっちを取った方がみんな抵抗感なく読んでくれていいのでは、と思うぐらい・・・

 

でも私は経理部時代税務通信はがんばって読んでたけど、

もっと読みやすい「企業実務」は内容が薄い気がして連載小説しか読んでなかったからな・・・

今も税務QAはいつでも読めるぜーと思って平気で2か月とか溜めちゃってるし、

(定期購読開始当初は一年間溜めて泣きながら年末年始休暇に読んだ)

それを考えると今税務通信読めてる人が読まなくなる可能性もありますね。

何を読む気になるかは人それぞれだから難しいですね・・・・

 

税務QAについては何を読んだらいいかは見出しを見てそれぞれの方が判断できる作りになっているのでおススメの記事とかは特に紹介しませんが、

一言国税について思ったこと・・

 

消費税の仮想通貨取引についての取り扱いが定められたそうですが・・・

 

ちーがーうーだーろー!!

所得税が先では???????

 

所得税法上の扱いをあいまいにしたまま消費税の扱いだけ決めて、

「仮想通貨取引は非課税取引となりました」って情報リリースしたら所得税がかかんないって思ってしまう人がでてきて後でブーブー文句言われるよ!!!!!!!!!

・・・・我々が確定申告電話相談センターで・・・・

 

体感的には先物っぽいから雑所得かな?と思うけど譲渡所得にしろって指導してる税務署もあるみたいですねーーー

要研究ですね。。

 

*2017.11追記 所得税の扱いも決まったそうです!

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

 

60分でわかる!  仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線 (60分でわかる! IT知識)

60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線 (60分でわかる! IT知識)

 

 

40over一般中年がキンプラ見た その3

nekomage.hatenadiary.jp

 

↑の続きです

 

キンプラを満喫したつもりが全然わかってなかったことに気づいて元々の「プリティーリズムレインボーライブ」を見ることにしました。

 

しかし全51話!!!途中で嫌になるんじゃないかしら・・・それ以前にどこで見るんだ?

と思ってtwitterをあけて少し検索してみたら皆さんご親切に「プリリズを見たくなった方へ・・・」

とアドバイス書き込みを色々してくださっていた!!ありがたや・・・

 

見知らぬ方々のアドバイスによると、「dアニメストア」というところが初回1ヶ月無料で、ドコモユーザーでなくても登録できてよいとのことだったのでさっそく登録。

 

 

初回1ヶ月、というのは言葉のあやで、正確には

「登録した月の月末まで」が無料ということでした。

だから本当は翌月の1日になるまで待った方がお得なんだろうけど早く見たかったのでその点は大人の余裕で目をつぶり登録。

 

結論から言えば2週間で見終わりました。

土日は家事と食事以外ずっと見てたし平日も少し早く帰れた日は夜見た。

30分番組だけどCMはカットされてるし、OPとEDは飛ばしたら20分ぐらいになるし、

もう夢中になってしまって早く次を!!!!ってなったのでどんどん見れました。

(多分プリズムショーも飛ばしたらもっと早く見れたんだろうけどなんか目が離せなくてずっと見ていた)

いやあ。。。いい話だった・・・・

 

私は小梨のせいか「中学生だから仕方がない」「子供はこんなもの」という見方ができず、さらには女児向けということや多分彼らの親は私より年下だろうことも忘れがちになり

最初はベル様やわかなの自己中わがままにマジ切れしたりなるあんのハッピー前向き押しつけうっとうしいなと思って怠く見てたんですが

回を追うごとに成長していく彼女たちのことがどんどん大好きになってきました。

破天荒に見えつつちゃんとみんなを見守っているモモさんやCOOさんもステキで

何回も泣いた・・・・

そしてまた曲がいいんですよね・・・

最初は「コウジがなるちゃんにつくったすばらしい曲」が

「ハッピーハッピーはぴーなるー♪」だった時はズコーッと来ましたが

今聞くとなるちゃんのどんな時も皆の幸せを願い行動する姿を思い出して涙・・・

 

ハート イロ トリドリ〜ム

ハート イロ トリドリ〜ム

 

そして一番好きなのは↓この曲です。

最初のほう、わかなが好きじゃなかった頃も曲だけは好きだったんですが、今はツンデレの中の切なさが思い出されてますます好きに。。

 

Blow'in in the mind

Blow'in in the mind

 

男子サイドのキンプリキンプラをもっと知るために見たんですがすっかり女の子たちというかプリティリズムレインボーライブという世界が好きになりました。

 

作業的な仕事はこれを流しながらやってます

 

 

 

dアニメにはキンプリも配信されている(DVDも出てるのに太っ腹すぎるのでは。。。)からもう一回見てみたらコウジが旅立つシーンでもっと泣けたし応援上映いきたいなと初めて思ったしときめきサイクリングは単なる夢女子ホイホイじゃなかったんだ!と思った(いとちゃんのキャラが思てたんと違う!で違和感やら萌えるやら)。

そして女の子成分もっと!!って思ってしまったのでキンプラをもう一度見に行きたい・・

 

しかし四半期決算に入ってしまいなかなかキンプラ行けないのでこの日記を書いて紛らわせました。

 

行ったらこの日記完結させます!

 

(いつになるかわからないけど)つづく

 

 つづきはこれ↓

nekomage.hatenadiary.jp

作家さんは平均課税を知ると幸せになる(かも)

先日ツイッターで、

去年なんかの作品でブレイクした漫画家?小説家?の人が「作家は儲かってると言われるけど全然儲からない。事業として成り立たないから事業税がかからないんだ」的なつぶやきとともに現時点(6月かも?)での年間収支の円グラフを公表なさっていた。

それをみると収入が200万円行かないぐらいなのにたいして税金が200万円超、保険料が70万ぐらいだった。

 

税金すげー金額だなとは思うけど、税金のせいで赤字というのはもちろん数字のマジック。

去年ブレイクしたんなら3月に確定申告で所得税たくさん払うことになったんだろうし今年の収入に対する源泉徴収も税金の中に入っているんだろうし分納にしないなら6月に住民税や国民健康保険料も一年分くる。

自動車税も固定資産税も地域によって多少前後あるけどだいたい5月や6月にくる。

もしかしたら年金も一年分前納してるのかもしれない。

でもここでカウントしている収入は当然半年分。

引退した野球選手が税金で苦しむ話がよく漫画とかテレビとかで言われてる原因がこれ。

だから作家さんだけが冷遇されているわけじゃないのよ――

 

 

 

それはともかく、この方の税金を見て一番最初に思ったのは「平均課税使ったのかな?」ってこと・・・

 

平均課税とは、ざっくりいえば、所得税の計算上

作家さんの原稿料や印税、ミュージシャンの著作権使用料など、浮き沈みの激しい「臨時所得・変動所得」と呼ばれるものについては要件(臨時所得・変動所得の金額が全体の20%以上・その年の臨時所得・変動所得が過去2年の平均を超える等・細かいところは省略します)を満たすことによって、

所得を5分の1した金額で所得税の計算をし、それを5倍した金額を納税するというもの。

(注:臨時所得・変動所得となる所得は税法で定められた限られたものだけなので使われる場合はご確認ください。「印税」と名のつくものなら何でもいいわけじゃないようです)

 

たとえば所得が原稿料と印税のみのデビューしたての作家さんがいたとする。

突然大ブレイクしていきなり2,000万円の所得が出ちゃった!

って場合。

(ややこしくなるので各種控除や復興税については無視して計算してみます)

 

日本の所得税累進課税と言って所得が増えれば増えるほど税率が上がるしくみになっているので、

普通に申告したら、所得2,000万円の人の所得税率は40%だから、

2,000万円×40%-2,796,000円=5,204,000円

になる。

 

でも平均課税を使うと、2,000万円×1/5=400万円に対してまず税額を計算します。

所得400万円の人の所得税率は20%なので、

400万円×20%-427,500円=372,500円

372,500円×5=1,862,500円

 

となって、300万円以上も所得税が安くなります。

(消費税や住民税や国保料はこの規定はありません)

 

これは使わない手はない・・・!

 

3/15の確定申告の時に使い忘れていっぱい税金払っちゃった!って場合は更正の請求の手続きで取り戻せます。(時効:法定申告期限から5年)

 

心当たりのある方は申告をお願いしている税理士さんに聞いてみるか(万一適用し忘れてたら訂正として更正の請求してくれるはず)、

ご自分で申告なさっててそんなのしらねーよって方は↓の説明書(PDFがでます)見てわからなかったら税理士探すか税務署へGO!

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/15.pdf

 

たぶん、儲かってる税理士さんであれば件の作家さんに対して

「FF外から失礼します。失礼ですが税金がお高いようですが平均課税を適用なさっていますでしょうか?ご相談に乗れそうでしたらいつでもご連絡ください」

等、クソリプの誹りを恐れずガンガン行くんだろうな――と思いますが

私は仕事増やしたい気持ちよりクソリプマンと呼ばれるのが嫌な気持ちが強いためここで陰口のように日記書いてるだけです・・そりゃ売れてないわけだw

 

 

税務通信 H29 7/17号

今回も結構分厚い!今度はどんな資料かなと思ったら普通に記事が充実してました。

国税庁の新任幹部の写真つき略歴のコーナーもあり、毎年思うけどこれは誰のための記事なんだろ。。。

 

読んだ方がいい記事

 

・(給与計算やってる人向け)外国人留学生のアルバイト給与の源泉

・「法人事業概況説明書」の改定について

→H30年4月1日以降終了事業年度からだって!もうすぐですな・・・

・研究開発税制について小ネタ

・外国親会社のための加工賃の消費税について

・国境を越えるEコマースに係る法務と税務

→法務面が特に重点的に書かれていますが興味深い

印紙税についての相談

印紙税って抜け道満載で時代に即してないなーとますます思っちゃう内容

 

 

今回は読みごたえがありました。

第1四半期決算もそろそろ終わるところも多いでしょうから心を落ち着けて読んでくださいってことなのかも?

 

40over一般中年がキンプラ見た その2

こないだの↓のつづきです

nekomage.hatenadiary.jp

 

キンプリ一回目ではさっぱりわからずテレビ放映でちょっとわかって愛着がわいてきたのでキンプラの映画に行くことにしました。

 

行ったのは平日の昼間の新宿バルト9。

聖地だからとかではなく朝の用事が中央線沿線だったからです。

 

ポップコーンでも食うかと思って売店に並んだらコラボドリンクが売っていました。

コラボカップつきのちょっと高いやつもあったけどグッズはイランと思って

せっかくなのでカヅキ先輩のキウイドリンクを飲みました。うまい。

席に着いたら昼間なのに結構人がいて、

「あっこないだキンプリの時唖然としすぎて飲物すら飲めなかったんだった」

と思いだしてあわててポップコーン食べまくりました。

みんなが真剣に予告を見る中ポリポリ音をさせて申し訳なかったです。

 

本編開始前にミニドラマみたいなやつがありました。

和夫としんちゃんの立ち絵がでてきていろいろしゃべっていた。

そういえば最初にキンプリ見た時も人気投票に投票してねって言うミニドラマ的なのがあってその時も和夫がでてきて誰?って思ったな。。。なつかしい。。。

しみじみしていたら本編が始まった。

 

はじまって15分ぐらいたったころ、

今回はだいたいの話が分かる!!!!!!!!!!!

ということに気づいてちょっと感動しました。

話についていくのが楽になったということは、それ以外の部分をちゃんと見れるということ。

エーデルローズ生の会話とか、ちょっとしたしぐさとか、

ダンスバトルも楽しめてみんなに対する愛おしさが増してきました。

アレクは単なる乱暴なわけわからん奴と思っていたけど、

ダンスに対して真摯な熱い男だということがわかってかっこいい!と思ったし

高田馬場は顔が好きです。

そしてオバレの先輩たちが本当にかっこよくて

最後は号泣してしまいました。ヒロさんアイドルやりきって漢すぎるぜ。。。

エンディング名残惜しかった。

帰り、あまりにも名残惜しくてもう一回売店に並んでカップつきの飲み物買ってしまいました。

また、売店でサントラを探したけど企画もののデュオ曲しか売ってなかったからCD屋さんで探して買いました。

 

 

 

満喫できてよかったよかった、と思っていましたが・・・・

帰宅後ツイッターとかにちゃんとかで感想を見まくったところ、

「こんなシーンあったっけ??」「これ今日見てきた映画の感想ですよね??」の連続・・・

そして冷静に考えてみるとやっぱり自分が見た範囲でもよくわからない部分は多くて、

時々出てくる女の子たちのこととか、

ルイくんの言動とか、

聖さんと仁が取り合ってる白い頭の尼さんがなんなのかとか、

そもそもなんでみんなprideって曲にあんなに固執するんだろうとか

なんかいろいろわからなくなって知りたくなって、

ついに「プリティーリズムレインボーライブ」全51話を見る決意をしたのであった・・・

 

つづく

nekomage.hatenadiary.jp

 

 

40over一般中年がキンプラ見た その1

タイトルの通り、

キンプラKing of Prism -pride the hero-)という映画を見たらプリティーリズムレインボーライブにハマったという日記です。

 

ざっくり説明すると、

まず、「プリティリズム」という女児向けのTVアニメ作品があり、

その中に「プリティリズム レインボーライブ」というシリーズがあります。

「プリズムショー」という歌と踊りとフィギュアスケートと幻想を見せてくれるジャンプ(プリズムジャンプといわれる)を生業としている少年少女の物語です。

女児向けなので、TVシリーズは少女のほうがクローズアップされているのですが、

そこに出てくる男性登場人物に焦点を当て、

その後を描いた映画がKing of Prism(キンプリ)で、

その続編が今やってるKing of Prism -pride the hero-キンプラ)です。

 

まず最初は去年のキンプリの映画から始まりました。

きっかけはtwitter

みんなが「キンプリはいいぞ」と言いはじめ、集団催眠にかかったような漫画を続々とアップし始め、

でもそれを何回読んでもどういう話かわからないし何より意味が分からなかった。

ただみんながすごく楽しんでハマったということだけはわかりました。

 

ちょうどその年は確定申告の無料相談の当番がまわってこなくて、書類待ちの間時間があったので話のタネに行ってみました。

 

ライブシーンからスタートするのですが

とにかく次から次へと話が進むので全然意味が分からなかった。

ジャンプのときの現実と幻想の境目もよくわかんないし、

時系列もよくわかんないし、

十億単位の損失がでてるのに資金ショートしてないのも不思議だし、

意味なく風呂で打ち合わせとかしているし・・・

でもなんかキラキラしてて楽しかったのと曲が良かったので良いものを見たとは思った。

twitterの人たちの言ってることも理解できたし話のタネにもなった。

でもハマるまではいきませんでした。

応援上映も興味ありつつも話の意味が分かってないから面白くないかなと思っていきませんでした。

 

でもこの本は読んだ

 

KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援BOOK

KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援BOOK

 

 

 

 

その後しばらく忘れてて、スマホゲームの事前登録のお知らせを見ても新作映画情報もスルーしてたんですが、

先月、テレビでキンプリの放送があるというので懐かしいと思ってみてみました。

2回目ともなると結構話がわかってきて面白くなってきた。

プリズムジャンプとは幻想を見せるものなんだ・・・

最初に出てきた3人組は先輩ですでに大人気なアイドル、でも過去には色々あったんだ・・・

エーデルローズとシュワルツローズは敵対勢力なんだ・・・

損失の分は借入いっぱいしてのりきってるんだ・・・

などなどいろいろ理解してきました。

そしてエーデルローズのメンバーの顔と名前がやっと一致して愛着がわいてきました。

(風呂での打ち合わせの意味は今もわかっていない)

エンディングの曲を聞いたらみんなの顔が浮かんでくる程度には登場人物のことが好きになりました。

それまではtwitterにいる人たちがたまに「ありがとうの代わりに好きって言わせて!」と言ってるのを見て寒いなと思っていたのですが激しく反省しました。

 

ドラマチックLOVE

ドラマチックLOVE

  • 一条シン&太刀花ユキノジョウ&香賀美タイガ&十王院カケル&鷹梁ミナト&西園寺レオ&涼野ユウ(CV.寺島惇太&斉藤壮馬&畠中 祐&八代 拓&五十嵐 雅&永塚琢馬&内田雄馬)
  • アニメ
  • ¥250

 

余談ですがテレビで初めてキンプリに触れた家族は終始狐につままれたような顔をしており、

唯一の感想は

「お尻から蜂蜜が出たけどオナラの隠喩かな」

だったのできっと初見ではわからぬ仕組みになっているのでしょう…

 

 

 

そしてその番組の最後に今やってるキンプラの予告のコーナーがあり、

彼らをもっと見たい!!と思ってまんまと作り手の思惑にのせられ映画館の予約をしたのであった・・・

 

 

 

 

下記につづく

 

nekomage.hatenadiary.jp

税務通信 H29 7/3号・7/10号

不覚にも2冊ためてしまった!

決算時期こそ読まないといけないのがこういう本なのに・・反省

 

7/3号

消費税の届出書についての内容や期限のまとめの記事は必読です!

(常に課税売上が5千万円を余裕で超える大企業はあんまり関係ないかもだけど・・・)

あと、小さな記事だったけど「査察の内容」のところで、

雇用と請負の混同によって消費税事案として告発されて有罪判決になったところがあるらしいのが地味に驚き・・・

個人事業主を請負として常用するのは慎重にしないといけないですよね。。。

よく労働裁判にもなってるしね。。。

 

7/10号

・国外関連取引についての改正により国税庁が助言指導のため企業訪問するらしい。

→海外に100%子会社があって取引が多い(年間取引合計50億円以上又は無形固定資産関係取引合計3億円以上)ところは心の準備をしといたほうがいいみたいです。

全部に来るわけじゃないのと、調査ではないとのこと。

 

・大企業の電子申告義務化について

→これは今から考えて準備しといた方がいいと思います。

個人的にはマジでやるの?今のままでは無理ですよという感想・・・

こないだきた税理士会の会報によると、総会で「財務諸表をPDFで送れるようにしてから言えと国税庁に要望しろ」という意味の発言をした人がいたみたいでGJと思いました。

 

配偶者控除の改正に伴う源泉徴収事務について

→給与計算やる人は必見!!

社員の予想年収を常にウォッチしないといけないからかなりダルくなりそう。。

(といっても給与だけの場合は年収1,120万円以下なら関係ないから人数は限られてますが・・)

ソフト任せにしてる会社もけっこうあると思いますがどうするんだろ・・

年収予想しつつ毎月自動計算してくれる賢いソフトが出現するかどうか楽しみです。

(私が今使ってるソフトたちは望み薄の気が・・・)

 

あと年末調整で書いてもらう書類が一枚増えるって。。。

 

 

色々面倒ですがやるしかない!

説明できるように研究しとこう・・・