四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です

キンプリのゲームのイベントつらい

8月中旬にリリースされたこのゲーム・・・

nekomage.hatenadiary.jp

 

今も続けていますが、今やってるイベント「ときめきサバイバル合宿」がツライ!!

 

このイベントは、専用のストーリーが用意されていて、

プロローグだけは全員見られるんですが、それ以降についてはイベント専用のカードを入手し、ものによってはレベルをあげたりすることによって見ることができます。

 

イベント専用のカードの入手方法は以下の通り・・・

1.期間限定ガチャ(有料・無料・イベント報酬チケット用の三種類)

2.イベント課題曲をクリアしたスコア等に応じてもらえるポイント(sparkingと呼ばれる)をあつめる

3.特定のイベント課題曲をクリアした回数(今のところ15回)に応じてもらえる

 

*イベント報酬のガチャチケットは、上記2.と3.で入手可能で5枚集めて1回ひけます

*有料ガチャは、リアルマネーで買ったジュエルというアイテムと引き換えにひけます

*無料ガチャは、通常のプレイ報酬やイベント報酬、ログインボーナス等でもらえるジュエルというアイテムと引き換えにひけます

 

イベントは、期間を三つに分けて、その期間だけの課題曲が3曲(それぞれレベルが3つある)ずつ用意されているので、

3.についてはその曲の期間内にやらないといけません。

 

それが辛い・・・・

 

どんなに好きな曲でも15回も連続でやってたらイヤになってきます。

 

しかも今、カード入手用にEASYを15回やらないといけない曲とガチャチケット入手用にHARDを15回やらないといけない曲が同じ(カヅキ先輩のFREEDOM)なので同じ曲を30回やらないといけない。。。。

カヅキ先輩人気ありすぎるから減らそうとしているのかな???と思ってしまう・・・FREEDOM大好きなのに。。。

 

この前の期間はまた別で、

カード入手:BOY MEETS GIRL EASYを15回

チケット:チャラエモナイト(カケルソロ曲) HARDを15回

だったのでまだよかったのですが、チャラエモ超難しいからきつかった・・・

15回もやればうまくなってフルコンポ余裕だろうと思ったけど全然そうじゃなくてずーっと下手なままでした。

2ndRushの「ほんとにほしいのはハートでしょ」のところでミス連発してしまう。。

 

↓この視聴では↑の難しい部分が終わった直後からしか聴けないのが残念。。

Groovin' Chara-Emo Night

Groovin' Chara-Emo Night

  • 十王院カケル(cv.八代 拓)
  • アニメ
  • ¥250

 

あと、無料ガチャをひくためのジュエルが各曲各レベル5回プレイの報酬になっているので、それもやろうと思ったら結局のところ3日間で65回はやらないといけない・・

 

そしてまたsparkingが集まらないこと集まらないこと・・・・・

sparkingを集めようと思ったら、HARDを高スコアでやりまくるのが一番効率がいいのですが、他の報酬のためにはそういうわけにもいかず・・・

 

私は、

一通り全曲全レベルやってみる→EASY15回でカード入手→HARD15回でチケット入手→各曲5回でジュエル入手→時間余ったらHARDを周回

という感じでやってますが、時間余るわけないのでこれだと全然sparking集まらない。

チケット3枚で終わるかも・・・

 

でも、今回のガチャはいつもより確率がいいしNEW!が出る可能性も高いのでその点は楽しい。

連休中夜中までやっててもう辛いしやめたいなーと思いながら集めたジュエルで無料ガチャ回したらKPR(一番レアとされているランク)のヒロ様がでてきてくれたのでやめられなくなってしまった。。

そして何よりやっぱりストーリー見たいし・・・・

 

しかし休日と夜はずっとやってるし仕事の昼休みもこんな愚痴ブログを書いたりするぐらい時間取られてるのでこういうイベントがずっと続くようならちょっと考えないといけないなーと思ってます・・・・

プレイせずストーリー見る権利を売ってくれたら課金するのに。。。。

税務通信 H29 9/4号

今回は新連載があります!

「グループ子法人が留意すべき法人課税実務」

 

これは、特に大企業の子会社の経理担当及び大企業の経理担当の方の中で子会社の相談に乗ったりする人は絶対読んでいただきたい!

グループ税制めんどいですよね・・・

 

また今回の連載「タックスフントウ」

は、「接待用の減価償却資産と交際費等の関係」がテーマで、

これは私も考えたことがなかったし自分にとっては意外な結論でした。

 

あと海外子会社がある会社の方は

税制改正シリーズ 国際課税関係」も読んだ方がいいけど

いかんせんかなり読みにくい・・・

図とかもないし、一見条文のみ書いてあるように見えて慣れてる私もかなり苦痛でした・・・

でも、もうすぐアメリカの実効税率が爆下がりするかもしれないという話もあり、

そうなるとアメリカがタックスヘイブン税制の対象になってしまうかもしれないので

今まで「子会社あるけどケイマンとかじゃないし・・」と思っていた会社の方も知っておいた方がいいんですよね・・・

もっとわかりやすい記事希望!!!!!

サブカルとは何ぞや(結局わからず)

正直言って私はサブカルが何かわかっていません。

でも若いころはなぜかずっと憧れていました。

 

若いころの自分はまさにこんな感じ

 

www.youtube.com

 

この曲のことを「こんな奴はいない」と批判している文を見たことがあるけどいるよ!!!

もちろん全部に当てはまる人はいないかもだけどそんなのこの曲の作者だってわかってていろんなジャンルの特徴を書いてるんでしょうよ。。。

 

 

私は若いころお金がなくて(今も)一眼レフは買わなかったけど、

ショボイカメラでバンドの写真撮りまくって下手な写真をバンドの人に差し上げたり恥ずかしげもなくファンサイトに上げたり、

クイックジャパンを会社の昼休みに読んで同僚に怪訝な顔されてドヤ顔したり、

読みもしないガロとかクイアージャパンとかを家の本棚に並べたりしてた・・・久々に実家に帰ったら捨てられてたけど・・・

みんな忘れててほしいよ・・・

 

あとこの本も自分のサブカル憧れ時代を思い出してうわぁぁぁってなりました。

(作者の方は憧れどころでなくもっとちゃんとサブカルに向き合われていたようなので一緒にするのは失礼ですが・・)

わたしはあの子と絶対ちがうの

わたしはあの子と絶対ちがうの

 

 

 

その後、税理士試験に本腰を入れ始めたのもあり、今まで20年ぐらいサブカルのことはほぼ忘れていたのですが、

最近サブカル界で事件が多いと聞いたので思い出し、

改めてサブカルって何?と考えてみたのですがやっぱりわからない。

 

wikipediaによると、

サブカルチャー - Wikipedia

サブカルチャーsubculture)とは、ある社会で支配的な文化の中で異なった行動をし、しばしば独自の信条を持つ人々の独特な文化である。「サブカル」と略されることが多い。」

 

ということなので、人とは違うワタシって感じなら全部サブカルでいいのかな?

バンドで言えば

B'zが好き→サブカルでない

あぶらだこが好き→サブカル

って感じでしょうか?どちらも好きです。

 

ここに書かれているサブカルチャーの関連人物の中で好きなのは大槻ケンヂ氏とナゴムレコードだけだった。

グミ・チョコレートパインは最高の名作です。

 小説版ももちろん好きだけど、この漫画版がもっと好き。高校生の時に出会いたかった・・・

グミ・チョコレート・パイン(1) (講談社漫画文庫)

グミ・チョコレート・パイン(1) (講談社漫画文庫)

 

 

そしてNAVERまとめを見たらますますわからなくなった。ファッションと髪型が重要だったの?そりゃ私サブカルになれなかったわけだ・・・

matome.naver.jp

 

また、サブカル界の事件といわれている下記の事件についてのまとめを読むと、

性という人の大事なパーソナルな部分を強要までしてドキュメンタリーにしてみんなで見て笑うとか、上から目線で批評する悪趣味がサブカルなのかな?という感じがしてきて、

(この件に関しては私は映画は見たことないのですが、舞台挨拶動画および関連ブログを見たうえで出演者の方断固支持です。)

そういや私も若いころ「夏はやっぱりTUBEだね」って言ってる人を陰でバカにしたりしてすっごい嫌な奴だったな…と思いだし、

サブカルになれなくてよかったんや!!!!という気持ちにもなりましたが、

 

togetter.com

togetter.com

 

でも私が今一番好きなバンドは「サブカル王子」と呼ばれてるらしいけど全然上から目線じゃない内省的な作風だし・・・

グミチョコレートパインもやっぱり内省的だと思うし、

やっぱり何をもってサブカルと定義されているのかわからん・・・

 

サブカルと呼ばれているものの中にもいろんなジャンルがあって、

内省的な物も批評的な物もいろいろあり、

私は内省的な物が好みだ、

「サブカル好き」という人がいても、どういうものが好きかは聞いてみないとわからない、

という単純な話でいいのかな?

そういえばキュウソネコカミの「サブカル女子」はいろんなジャンルのことを歌ってるって最初に書いたな・・・

 

もうサブカルであろうとなかろうと好きなものは好きでいい!!!

と思って忘れることにします。

 

お目汚し失礼いたしました。

 

キンプラ4DXみました

先日、仕事の合間にキンプラの4DXを見に行ってしまいました・・・

結局オーロラドリームはまだ10話ぐらいしか見れてないんですけど、ゲーム(プリズムラッシュライブ)に出てくるストーリー(キンプリとキンプラの間の話らしい)を見てたらいてもたってもいられなくなった。。。。

 

4DX自体初めてだったので驚きの連続でした!!

まず荷物を足元に置けないから膝の上に置くかロッカーに入れないといけない。

なんか遊園地みたい・・・おおげさじゃない・・?

と思っていたが映画が始まってすぐその理由がわかった・・

座席が動きまくる!!!!

こりゃ鞄足元に置いたら邪魔になるわ・・・・

 

揺れるというのは聞いていたので、今回はポップコーンは買わなかったのですがこれは正解でした。

ポップコーン食べてたら絶対ぶちまける。

それぐらい、意外なところで揺れまくりました。

 

しかし、ポップコーンを買わなかった代わりに直前に食事をしたのは失敗でした。

酔う。

これは人によって三半規管の強い弱いがあると思うので人それぞれでしょうが、

私は満腹で行くべきではなかった・・・

途中で慣れましたけど。。。

 

そんなわけで最初は、ヒィィィこんなに揺れて酔って最後まで見れるのかしら・・・

と不安だったんですが、

一番最初のヒロさんの4DXの説明ムービー(これは応援上映仕様で、私は通常上映で見たのでワーとかキャーとか声を上げるのを抑えるのが大変でした)が終わり、

本編のプリズムショー2曲目ぐらいから慣れてきてすごく楽しくなってきました。

 

公式の4DXの紹介文に書いてあった、

・腹筋から爆弾が落とされるシーンで火薬の匂いがする
・タイガがうちわであおぐシーンで突風が吹く
ジョージが鞭で叩かれるシーンで座席に衝撃
・入浴シーンで上から水が落ちてくる

と言うのは全部あった。(火薬は言われなかったらわからないぐらいでした。。なんかいい匂いがした。。)

自分が何目線になっているかよくわからない不思議な感じでしたけど、なんか入り込んでいつも以上に時間がたつのが遅く感じました。1時間ちょっとの映画とは思えない。。

 小学生の時ってこんなに毎日がもりだくさんだったのかな。。。

 

そしていつも以上に泣けたーーーー!

 

今更なんですがカヅキ先輩って聖人すぎません??

もし自分だったらあんなにヒロさんが「コウジ―――!!コウジーーー!」って感じだったら三人組の一人としてちょっと嫉妬と言うか寂しい気持ちを持ってしまうと思うのですがカヅキ先輩は笑顔で見守って本心から良かったって思ってる。。。!!!

 なんかそれみてすごい泣けました。

 

そして彼らこの映画で高校卒業とは。。。

多分ヒロさんのお母さんを見た感じ私は同年代のような気がしたのですが、それなのに彼らに学ぶことがいっぱい・・・

年齢は関係なく、勉強させてもらう気持ちで人と接しないといけないなと思いました。

 

 

そんなこんなで肉体的にも精神的にもいろんな衝撃を受けた4DX。

非常に疲れました・・・水泳の授業の後のような・・・ジェットコースター5回乗った後のような・・・・

仕事の合間に行ったことを後悔しましたが一応戻らないといけないので、

映画館の近くで糖分を補給し、戻って最低限のことやってすぐ帰りました。

 

キンプラ最高!!!

 

もっと見たいからサントラ買おう。

 

 

 

平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が変わります

社労士会からまた周知してってメルマガが来たので書いてみます。

お上からライセンスをいただいてそれで食ってるので権力の犬大いに結構!

 

平成30年4月1日より一般事業所の障害者の法定雇用率が2.2%に上がり(今は2%)、

今まで障害者雇用を気にしないといけないのは従業員50人以上の事業所だけでしたが、平成30年4月1日からは45.5人以上のところが対象になります。

(端数は、短時間労働者を0.5人としてカウントすることにより発生します)

また、そこから3年以内(具体的時期未定)に2.3%に上がることが既に決まっており、そうなったら43.5人以上のところが対象となります。

 

法定雇用率っていうのは単純に言えば「最低でも全従業員に対してこの割合は雇用してね。そうでないと罰金(障害者雇用納付金)とるよ!」という率のことです。

ちなみに今は障害者雇用納付金は従業員100人以下の会社は免除されています。(報告は必要)

 

詳しくはこちら↓

 

www.mhlw.go.jp

 

ストレスチェックとか、産業医設置のラインとか、

「従業員50人」がやるべきことが増えるラインとして知られています。

 

www.shares.ai

そのため今まで「50人を超えなきゃ色々大丈夫!」って感じだったと思いますが、この改正で変わるので、

40人超えそうって感じの会社の方はご注意ください!

 

 

 

税務通信 H29 8/28号

今回も読みごたえある!

 

まず、スキャナ保存の座談会の後編。

やっぱりまずは内部統制が大事ということも知る・・・

内部統制監査が来ているような会社さんは、内部統制の部署と協力してやる価値はあると思いました。

 

組織再編税制の改正の説明が具体例も交えてわかりやすかった。

組織再編税制って難しいですよね・・・・先日、某大規模法人のオープン研修(新人用の研修に税理士会のおじさんおばさんも混ぜてあげますみたいな感じの物)に参加させていただいたんですが専門用語満載で端折りまくりでチンプンカンプンでした。

大規模法人に入社できるような人は頭の回転がすごいだろうからそういう人向けの研修なんだろうな…と思って、わからなかった自分を恥じていましたが

この税務通信の記事で少しわかってきた気がしました。

 

あと、今度の配偶者控除の改正に伴う源泉実務の話で、

本人からの申請が違ってた時の不納付加算税についての記事がありました。

基本的には今の扶養是正と同じらしいですが、

今回の改正ってちょっとややこしいから、本人からの申請による誤りというより給与計算する人の認識誤りによる源泉漏れが多発しそうな気がしています。。

きっとその場合は不納付加算税かかるはず・・・

(年末調整での住宅ローン控除の計算誤りは会社に不納付加算税かかりますもんね。。)

なので給与担当の人はしっかり理解するようにしましょう(と自分に言い聞かせる)!

 

もうすぐマイナンバーカードを使って自分でネット上で年末調整の入力ができるようになるっていう記事を日経新聞で見ましたが、ぜひそうしてほしいですね。

 

元記事はもうネット上から消えてるようなのでよそ様のブログですが↓

 

shokonoaruie.com

 

本人の計算間違いを会社がチェック漏れした場合、会社にだけ責任を負わせるという現行制度は、仕方ないこととはいえやっぱりちょっとおかしいと思うので、

ネットで自動計算されるのは大いに賛成です!!

会社は単に経由地なだけですべて本人の責任、ということにしたら年末調整の時期に苦しむこともないし、年末調整を社労士がやることについての是非について税理士会と社労士会が揉めたりすることもなくて皆平和だろうに・・・と思います。。。

 

 

炎上で考えたクラウドファンディングの税金の話

こないだの週末はコミケクラウドファンディングの話した人が燃えていましたね。

 

私はコミケは行くとしてもすいてる時間帯にしか行かないのでその人がコミケに出ようと出まいとどうでもいいのですが・・・

クラウドファンディングで資金集め、しかも「個人でやっている」と言い張っているところで、税金について考え込んでしまいました。

 

<追記:件の方はコミケ出展を取りやめられたようですのでこのブログは一般論としてお読みください>

 

クラウドファンディングにはいろんな種類があるようですが、

今回のように金を集めて物を作って、金払った人に金額に応じた品物を送るという仕組みの物は

「購入型クラウドファンディング」に該当し、

税務上は「売上」として取り扱います。

個人がやる場合は所得税がかかり、法人がやる場合は法人税がかかります。

その人が消費税の課税事業者であれば消費税もかかります。

 

事務所がやっているのであれば、こういう処理は全部事務所がやればよいので、

大体の芸能人の方は事務所主催でなさっていると思いますが、

今回はご本人が「私個人でやります!!!」と言っておられるので、

もしそれが本当であれば、ご本人は確定申告でこれらの処理を全部やらないといけません。

(この方ぐらいになると税理士もちゃんとついているはずなのでその辺は抜かりないと思いますが)

もちろん、表向きはどうあれ実際は事務所がやってるというケースも大いにありうるしそれは我々には知りえないことだと思いますが、こうやって大々的に噂になると税務署のチェックは絶対入るでしょうね。。

 

で、もし個人でやっていると仮定すると、

本件は面倒な論点があります。

それは、コミケは12月にあり、クラウドファンディングのリターンは1月に行われる、

ということ・・

(事務所がやってたとしても12月決算なのであれば同様のめんどくささは起こります)

 

個人の所得税の締日は12/31ですので、

今年の売上にすべきか、来年の売上にすべきか悩まないといけません。

 

所得税の基本通達36-8に、売上に計上すべき時期について以下のように規定されています

 

(1) 棚卸資産の販売(試用販売及び委託販売を除く。)による収入金額については、その引渡しがあった日

 

〔収入金額〕|通達目次 / 所得税基本通達|国税庁

 

なので、普通に考えると売れた日になるので、

コミケの売上については今年の売上、クラウドファンディングの分については来年の売上ということになると思われますが、

原価の部分についても、売れた分に対応した部分だけしか経費にできないので、棚卸をして、原価計算をちゃんとしないといけませんね。

(売上の計上時期については、クラウドファンディングの細かい内容によっていくらでも変わるところですので実際はこれで正しいかどうかはわかりません。これは単なる私の予想です・・・)

 

あともう一点、個人でやるとしたら、個人事業主のインタビュアーさんやカメラマンさんにギャラを払う場合の源泉徴収についても考える必要があると思います。

 

基本的に、個人事業主源泉徴収が必要だと定められている内容のギャラを払う場合は源泉徴収をする必要がありますが、

個人が支払を行う際の源泉徴収義務については、以下の規定があります。

「その報酬・料金等の支払者が個人であって、その個人が給与等の支払者でないとき又は給与等の支払者であっても常時2人以下の家事使用人のみに対する給与の支払者であるときは、ホステス等に報酬・料金等を支払う場合を除き、源泉徴収する必要はありません。」

 

なので、他のだれにも給与を出していなければ源泉徴収は必要ありませんが、

付き人の方に個人で給与を出していたり、ご家族を専従者として給与を出していたりしていたら本件のギャラについても源泉徴収が必要になります。

 

特に専従者の給与は出している意識がない個人事業主さんもいらっしゃいますので、個人の方にギャラを払う場合は顧問税理士に連絡を取り確認したほうがいいと思います。

源泉漏れは後で返してもらわないといけなくなったりして非常に面倒なので・・・

 

 

他にも色々考えないといけないこと(根本的な所得区分についてなど)があり、この方の顧問税理士の方大変だな・・・という気持ちでいっぱいです。

もしネット等を見ないタイプの人で定期的に連絡もとっておらず、確定申告作業の時にこの件を初めて知ってしまったらと思うと・・・・ガクブル

 

こういうことは今や有名人であろうとなかろうと起こりうることですし、

税法はまだまだ複雑で、知識がないとわからないことが多いし、税理士に相談すべきなのかどうかもわからないことが多いと思います・・・

税務署は個人のSNSやブログは結構チェックして目についた人は申告書と照合したりしているようですので、

私も、ネットストーカーウザイと言われてもいいからお客さんのネット上での動向はできる限り追って気になることがあったら積極的に聞いていこうと改めて思いました。。。