四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です。内容は私見です

日本年金機構の入力外注問題の感想

モリカケなんかよりずっと気になるこのニュース・・・

(モリカケについては、これをきっかけに税と社会保険をまとめて制度改革してくれる省庁が誕生したら良いなあという感想のみ)

 

headlines.yahoo.co.jp

 

これはヤバイですね。。。

業者の所在国も気になるけどそちらに注目するとまた別の問題が出てきてしまうが、そもそも再委託NGの契約なのに外部に委託しちゃったってことが大問題。

NG項目である再委託をしないとこなしきれない仕事を請けちゃった業者が悪いのが大前提として、日本年金機構についても、我々民間業者はあんなにマイナンバーに悩まされたのにお役所がこんないい加減な業者に委託して良いのか・・・マイナンバー研修で「外注するときは信頼のおける業者を選びましょう」って散々言われたよね。。。と思ってしまう。。

渡しちゃったマイナンバーは漏洩として扱うのかな?全員マイナンバー変更するのか!?

 

しかし、このニュースをよく読むと、届出実務やってる者としては思い当たる節が。。

 

委託時期について、この記事によると

同機構は昨年8月、東京都豊島区の情報処理会社に、約500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託した。」

ということですが、

これって年金事務所の入社処理がかなり遅れてたのが解消し始めてきていた時期では・・・

 

当時、短時間労働者の社会保険加入義務の拡大に伴い被保険者が増大したため処理能力がパンクしたらしく、電子申請の入社処理完了が遅すぎて困った日記を書いた記憶があります。

nekomage.hatenadiary.jp

 

8月以降だんだん早くなってきて、12月にやったときは完全に元に戻った記憶がありますがちょうど委託しはじめた時期とリンクしてますね。

 

確かに、4月以降7月までは、「入社が多い」「算定基礎届の処理がある」という、明確な遅れる理由がありますが、8月以降は言い訳のしようが無いからヤバイと思って外注したのかな・・・と想像・・・

そう考えると、これって急かした我々実務者にも少しは責任があるのかもしれない・・

でも保険証がこないと困るからあんまり遅いと急かさざるを得ない・・

 

人手不足の弊害ですよね・・・・・

 

 

もうすぐまた魔の4月~7月がやってきますが今年はどうなるんだろ・・・

バイトが必要なら募集掛けてくれたら単発でよければやりますけどね。。

今って労働市場は人手不足だと思いますが、独立してる士業で食えなくて困ってる人はまだまだ存在するのでそこをうまく使えば良いのになーと思います。

どんなに数少なくてもお客さんがいる限り、期間区切って毎日とか、決まった曜日に毎週とかは厳しいと思うので募集のしかたを工夫すれば集まると思います。

労基署の調査とかも・・・

 

 

(3/20追記)

headlines.yahoo.co.jp

 

関連会社だから単なる分担(他社への再委託には当たらない?)と思っていらしたらしい・・・

こういう会社多いよね・・・・・・・・・

100%子会社だからって同じ会社と思わないでください!!!!って言ったのは数え切れないぐらい・・・・

でも多いからって言い訳にならないと思うので、年金機構はもっと委託先選択には慎重になって欲しいと思います。

今回の委託先が与党関係者だったらまた●●ガーってなるのかと思ったらウンザリですがw