四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です

税務通信 H29 9/4号

今回は新連載があります!

「グループ子法人が留意すべき法人課税実務」

 

これは、特に大企業の子会社の経理担当及び大企業の経理担当の方の中で子会社の相談に乗ったりする人は絶対読んでいただきたい!

グループ税制めんどいですよね・・・

 

また今回の連載「タックスフントウ」

は、「接待用の減価償却資産と交際費等の関係」がテーマで、

これは私も考えたことがなかったし自分にとっては意外な結論でした。

 

あと海外子会社がある会社の方は

税制改正シリーズ 国際課税関係」も読んだ方がいいけど

いかんせんかなり読みにくい・・・

図とかもないし、一見条文のみ書いてあるように見えて慣れてる私もかなり苦痛でした・・・

でも、もうすぐアメリカの実効税率が爆下がりするかもしれないという話もあり、

そうなるとアメリカがタックスヘイブン税制の対象になってしまうかもしれないので

今まで「子会社あるけどケイマンとかじゃないし・・」と思っていた会社の方も知っておいた方がいいんですよね・・・

もっとわかりやすい記事希望!!!!!