四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です

税務通信 H29 6/19号

今回は一週間寝かせてしまった・・・・

一見かなり分厚くてひるんでしまったからですが、

開いてみたら分厚いのは毎年恒例「住民税率・事業税率一覧」が付いているからでした。

いつも申告書を作成する時、ソフトの自動計算が信用ならないので確認のため各自治体の税率や均等割をネットで検索するのですがこれが手元にあればまとめて見られるので便利!でも存在を忘れる!・・これを10年以上続けていますが今年こそは。。。

 

企業経理の方々の今回の要チェック部分

・研究開発税制使用時の注意点(前期以前分も洗い出せという話)

国税庁の査察の概要

→内容的にはそんなに関係ないかもしれないが脱税がバレたプロセスが紹介されているので社内で怪しいことをしている人がいないかのチェックのためには参考になると思います・・

・これからの消費税実務の道しるべ

→リバースチャージについてです!今は課税売上割合が95%以上のところは関係ないですがいつその制限が外れるかわかりませんので今のうちに知っとくと吉。

・現代税務・会計ニュースのキーワード「租税条約」

→海外送金のある会社の人でこのワードを知らない人は、

他のを読まなかったとしてもこれだけは読んでほしいです!すごくわかりやすい。

(私も経理マン時代にこれを読んでいたかった・・・・)

これを知らないで海外送金したら後で痛い目見るかもしれない・・・

知ってる人は復習気分でどうぞ。

 

以上です。

 

なんかクイズの解答が間違ってるやつがあるような気がするんだけど・・・

今後正誤がでるかも。。。

 

また、裏表紙には↓の宣伝がありました。

高度経理人材育成入門コース

 

三日間で14万円!(会員は12万円)

昼食代と懇親会代込だそうですがちょっとハードル高いお値段ですよね。

でもグループ討議がひんぱんにあって寝る暇なさそうだから、

経理のこと全然知らなくてやる気もない人が異動で入ってきちゃって教える暇もないし困ったな・・・というお悩みを持つ経理部長さんは検討してみる価値はあるかも。

*詳しいカリキュラムは上記リンクのページの、日付が書いてある画像をクリックしたら出てきます。ちょっとわかりにくいですね。

 

回し者のつもりはないんですが、

今経理業界人手不足で、人を教えるほどまでに余裕がないところが散見されますが、

経理部が複数人いるようなところは特に若い人を育てとかないとあとで絶対困るので、これに限らず外部研修を頼るのも一つの手ですよ。。。ということで紹介させていただきました。

 

 

わからない仕事は家で勉強してくるのが当たり前、という時代はとっくの昔に終わってるという現実をうけいれ、色々考えて行かねばなりませんね。

広告を非表示にする