四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です

税務通信 H29 6/12

今回は先週と違って読みごたえがあります!

<企業経理の人に関係ありそうなもの>

 

・役員退職給与について

・役員賞与・役員給与の業種別・資本金階級別平均額の資料

・研究開発税制について

・移転価格ガイドブックについて(海外子会社がある会社のみ関係ある記事)

・帳簿書類の電子化実務ポイント

 

今回は分厚くて一瞬ビビりましたが、役員賞与・役員給与の資料が入っていたことによるものでした。

役員の給与に関してはたいていの場合一介の経理部員が口出しできるものではないのですが、たとえ金額は変えられなくてもリスクを把握しているのとしてないのとでは対応に差が出ますので知っておいて損はないと思います。(ストレスたまるかもだけど)

 

そして移転価格ガイドブック読もうとしたけどめちゃめちゃ多くて挫けました・・・海外子会社がある会社の方はがんばりましょう。。。。

 

帳簿書類の電子化実務ポイントは、電子化を考えている会社の人は絶対読んだ方がいいです。

私は、この記事を読んでスマホで領収書を撮影するのも認められる!って話について誤解していたことに気づきました・・・

この記事はすごくわかりやすく書いてくださってるんですけど、電子化はやっぱりむずかしいですよね。。適切にやらなかったら青色申告取り消されるかも、ってとこがまたハードルをあげちゃう。。。

適切に行っている事業所を見学する機会を税理士会とかがつくってくれないかしら・・・

 

 

あとは最終ページに平成29年度版の「税務インデックス」の割引販売のお知らせがあります!

1,600円が1,280円になるので毎年買っている人はチャンス!

(税務通信の回し者ではありませんが・・・)

 

広告を非表示にする