四十路税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です。内容は私見です

いろいろ読んだ感想

確定申告が終わったと思ったら決算で行ったりきたりしてて気づいたら月末月初に届く同業者団体の会報などが机に山積み・・・

 

今日は決算作業の合間で事務所業務なので山積みの紙を読んで片付ける日にしました。

WEBで読める会報は希望者のみ送付にしてほしいな・・・捨てるのにも金かかるし。。

といつも思っていますが、

WEBだと結局見ないだろうからこれでいいのかな。。

 

で、気になった記事について感想を。。。

 

1.日本税理士政治連盟の会報(会員じゃないのに送られてくるやつ)

 

政策担当秘書」の資格要件に税理士試験合格者を!という陳情をしているらしい。

政策担当秘書は以前興味もって調べたことがありました。

↓関係リンク

国会議員政策担当秘書 - Wikipedia

政策担当秘書資格試験:ご案内:参議院

 

上記に記載のあるように、試験に合格した人、もしくは一定の要件(司法試験や会計士試験などに合格してるなど)を満たした上で認定を受けた人がなれるとのことで、

試験が難しいらしい!というのは知っていました。

 

で、税理士試験合格を「一定の要件」に入れるって話のようですが、

正直、税理士試験合格が司法試験や会計士試験合格に匹敵しているとは試験組税理士の自分としては思えないんですけど、自分の周りに司法試験や会計士試験を受けてる人がいたのって20年ぐらい前の話だからその2つってめちゃくちゃ難しいイメージがあるだけで今は違うのかもしれませんね。

 

この陳情がどうなるのかわかりませんが、もし通ったら税理士会で研修が行われるだろうから行ってみようっと。

実際なるのは絶対無理ですが・・・今のままでは知識が偏りすぎてるからもっと勉強しないといけないし年齢的に苦しい。

まあたぶん若い人の将来の選択肢のためですな。

 

2.会計ソフトベンダーの会報誌色々

 

クラウドソフトを使って低料金サービスを実現し大もうけ!という会計事務所の紹介が毎回されているけど、そこの従業員さんの労働環境を詳しく知りたいと思いました・・・

労基法守ってそれなら確かにすごいけど、ブラック全開ならむしろ有害だし効果のほどは判断不能

まあ人を雇う気は全く無い自分には関係の無い話ですが・・・

 

 

3.FPの会報誌

 

CFP試験の要項が発表されてたけどその日はキンプリ(二次元のほう)のイベントが・・・

 

4.税理士会の会報

 

今年度分から研修受講時間が公表されます!ですって!

自分の周りだけかもしれないけど、研修受講時間が多い=ヒマという価値観があるようで、3月末にギリギリで達成している人が一番偉そうにしてる気がするので、多くても少なくても細かい時間が公開されるのはなんかイヤですね。36時間満たしてるかどうかだけでいいのに・・・

まあ、もしその価値観が正しかったとしても同業者のことをわざわざ検索して受講時間をチェックする人よりヒマってことはないので堂々と受けたい研修を受ける、でいいんですけどね・・・

 

5.社労士会の会報

 

「身に覚えの無いパワハラ」についての記事がありました。

これは本当に気をつけないといけない・・

完全に体感なんですけど、特に自分自身を含むバブル直後の就職氷河期世代ってパワハラや労働法令遵守について意識が低い気がします。

自分たちが若いころに虐げられて、今も普通に働けてるから、虐げられたことに対して教育してもらえたなんて思ってちょっと感謝してたりなんかするんですよね。。

それはそれで人の勝手なんですが、それを押し付けるのは最悪。

きちんと「自分は時代遅れ」ということを認識して人の気持ちを考えていかないと自分がパワハラしてることに気づかない恥ずかしい害悪中年になってしまう。。

人を雇っていない自分には関係ないことのようですが、お客さんのところの従業員さんに接するときに期せずしてパワハラになってしまったら最悪なので十分気をつけたいと改めて思いました。

 

 

 

 

・・・やっと山が半分になった・・・

 

あとは「いつか読む」の資料とかだからコツコツ崩していこう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

平成30年5月以降雇用保険の手続きにマイナンバーが必須になるそうです!

今までも一応必要となっていましたが、実務的には無しでも受け付けてもらえていました。

しかし、平成30年5月以降は書かれていなかったら受け付けてもらえず差し戻しになるそうです。

知らなかったら二度手間になるとこだった。。

 

この件について厚生労働省が出してるリーフレットはこちら↓

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20180309hoken_6.pdf

 

厚生労働省はもっと個人情報の管理をちゃんとしてから言えよ!という声もあると思いますが、

雇用保険関係の給付を適正に行うためにはやっぱりマイナンバーを活用しないといけないですし、今の「拒否したもの勝ち」の状況はやっぱり良くないですからね。。。

正直者が損する世の中はやっぱりよくない。

 

実務的にはマイナンバーが出てこないと手続きできない、ってなると、どんどん資格取得届の提出が遅れてそのうち忘れそうだからイヤですが、税や社会保険の効率化にはマイナンバーの活用が必須だと私は考えているので、総合的には良いことだと思っています。

広告を非表示にする

国税庁のHPがリニューアルされてて、タックスアンサー等のURLも変わっています!

先週の金曜日にお客さんに参考資料として送った国税庁のタックスアンサーのURLを今日自分で踏んでみたらエラーが出たので気づきました・・・・

 

リニューアルされてめっちゃシンプルになってる!

 

f:id:nekomage:20180403124253j:plain

 

国税庁

 

それはいいのですが、タックスアンサー等のURLが全部変わっている・・・・

不便!!!!!

 

旧URLにアクセスすると、

該当ページに飛ばしてくれるわけではなく、

↓の画面が出てトップページに飛んでしまいます。

 

f:id:nekomage:20180403124338p:plain

 

国税庁のサイトのURLを記載したマニュアル等を作ってる場合は見直しが必要ですね。

 

リニューアルするのはいいけどしばらくは旧バージョンも置いといてほしかったな。。。激変緩和措置としてw

広告を非表示にする

入社・退職後は古い健康保険証は使ったらダメですよ!!の話

もうすぐ3月も終わりますねー

出会いと別れの季節。

4月から新生活の方も多いと思います。

 

学校を卒業して、4月から会社に入る人。

しばらく家庭に入っていたけれど、4月からフルタイムの仕事を再開する人。

3月で会社を辞めて、4月から自由だ!って人。

などなど。。

皆さんにとって新生活がよりよいものになりますように。

 

ただし、一点気をつけていただきたいことがあります。

就職したり、退職したりすると原則として入社日・退職日をもって健康保険証が変わります。

変わった後のは古い保険証は使えません。

原則としてもらったところに返すことになりますが、もし手元にあったとしても、

古い保険証を使ったら色々めんどくさいことになるのでやめましょう!

 

<具体的に考えられるケース>

(ケース1)

Aさんは大学生で親の扶養家族として保険証を発行されています。

4/1からB社で正社員として入社することになっています。

4/3に病院にいきたいけど、まだ会社から保険証はもらえないだろうから、今手元にある保険証を使って病院に行こうと思っています。

 

(ケース2)

CさんはD社の正社員ですが、4/5付で退職します。次は決まっていません。

会社からは、退職日に保険証を返せって言われているが、4/6に病院にいきたいからそのあとに返そうと思っています。

 

              ・

              ・

              ・

 

どちらもダメです!

 

(ケース1)の場合は、4/1付でB社で健康保険に加入するので、病院にいく4/3はB社から渡された保険証しか使えません。

(ケース2)の場合は、D社から渡された保険証の期限は4/5までなので4/6は使えません。4/6からは国民健康保険(又はD社で入っていた保険の任意継続)の保険証を使う必要があります。

 

とくにケース2は、会社の総務担当者が退職される方から相談されたとき、うっかりして「OKですよ」なんて言っちゃうこともあるようなので十分気をつけてください。

 

<間違えて使ってしまったらどんな不利益があるのか?>

 

病院では基本的には保険証が間違っているかどうかは判断できません。

病院が医療費を保険証の発行者に請求した後の審査で、保険証の発行者が「こんなやつもういねーよ」と気づきます。

でも病院に罪は無いので保険証の発行者は病院にお金を払い、そのお金を間違って使った人に請求してきます。

 

上記の(ケース2)を使って具体的な話をします。

D社が加入しているのは協会けんぽで、Cさんは退職後国民健康保険に加入するとしましょう。

 

・Cさんが退職後保険証をD社に返さず、4/6に協会けんぽの保険証を使って病院にいく

           ↓

・病院は何も知らないので、そのまま受け付ける。医療費の総額が1万円だとすると、

Cさんは窓口で3割の3,000円を払う。

           ↓

・病院は、締め日後協会けんぽに残りの7割、7,000円を請求する手続きをする

           ↓

協会けんぽで審査し、4/6はCさんはもう脱退していることが発覚する

           ↓

協会けんぽは病院に7,000円を払う。

           ↓

協会けんぽはCさんのもとには7,000円の請求書を出す

           ↓

・Cさん痛い出費・・・・・

 

となります。。。

請求が来る前に気づいたら、受診した病院に新しい保険証を持って行って

相談してみたら病院が何とかしてくれるかもしれません・・・

(知らんと言われる可能性もあるけど。。。)

 

もちろん、7,000円は払った後、退職後の保険(この場合だと国民健康保険)に、領収書や診療明細書等をそえて「療養費支給申請書」というものを提出に行けば国民健康保険が返してくれます。

ただし、領収書など必要書類を失くしていたらアウトですし、診療明細書をお医者さんに出してもらわないといけないかもしれないし何より面倒くさいので、

できるだけ間違えて使わないように気をつけましょう!

 

 

<おまけ>

基本的に、保険証は入社日から2週間~3週間しないと手元に来ないケースが多いです。(健保組合だったら早いところもあるから一概には言えませんが)

入社日後すぐに病院に行かないといけない人は、総務の人に相談してみたら、

保険証が来る前に仮の保険証として使える「健康保険被保険者資格証明書」と言うものを発行する手続きをしてくれるかもしれませんので一度相談してみるといいと思います。

 

入社早々あつかましいと思われたくない人や、忙しいから無理といわれてしまった人は病院に事前に相談して、指示に従うと良いと思います。

融通を利かせてくれるところもあるようですので・・

 

 

 

広告を非表示にする

選挙のときに知らない候補者からはがきが来るのどうして?の話

選挙のときって時々家に投票依頼のハガキが来ることがありますよね。。

宛名は、世帯主だったり、夫婦連名だったり、18歳以上の子供の名前だったり、さまざま。

そして、一つの党だけでなくて、複数からくることもあります。

なんでこの人たち我が家の住所や世帯構成知ってるの?キモチワル!と思ったことはありませんか?

 

私はあります。

町内会長が地方議員だから、うちの集合住宅の管理組合会長から住民名簿が上納されてるに違いない!と疑っており会長許すまじと思っていました。

 

しかしこれはおそらく誤解だということが最近わかりました!

もちろん100%誤解が晴れたわけではないんですが、

勝手に決め付けて嫌っていた町内会長及び管理組合会長への罪滅ぼしのため、

同じように疑っている人がいらしたら・・・と思い情報共有の日記を書きます。

 

公職の選挙に立候補する人は、市区町村の選挙管理委員会に事前に申請することにより、

「選挙人名簿」という、その地域の有権者の住所氏名生年月日が書かれた名簿を閲覧することができる、という制度があります。

(いつでも、というわけではないので日程によっては断られることあり)

 

「選挙人名簿 閲覧」でぐぐってみたらここが一番わかりやすかった↓

 

www.city.itabashi.tokyo.jp

 

閲覧といっても、見るだけでなく書き写しもできます。パソコンを持ち込んで入力ができるかどうかは市区町村によるようですがだいたい手書きだけらしい。

また、選挙管理委員会がOKといえば複数人(ボランティアスタッフとか)で行くこともできます。

あくまでも、選挙管理委員会の事務所内での閲覧に限られるので、大人数でいくと入りきらないし迷惑だから事前調整は必須です。

 

*少し前は市区町村によってはコピーをくれるところもあったらしいですが、今はその制度は廃止になったそうです。そりゃそうですよね・・・

 

というわけで、候補者たちは法律で認められた上記の制度を使って、地域の有権者の住所氏名生年月日をGETし、ターゲットを絞ってはがきを送っているようです。

町内会長ごめんなさい。

 

しかし正直、この制度ってどうなの?って思いますけどね。。。。

選挙に出る人が全員善人とはかぎらないのに、出るというだけで個人情報見れちゃうって抵抗ある・・・しかもボランティアスタッフでも見れるとか・・・

一応、いくら正当な手続きをふんでも「ストーカーやDVの加害者に被害者の情報は見せない」っていう決まりはあるらしいですが・・・・

 

また、もちろん、閲覧のためには立候補しまーす!といえばいいというものではなくて、立候補すると言うことが客観的にわかる資料を出す必要があるようです。

制度の悪用を防ぐためには当たり前のことなんですが・・・

政党や団体に所属していたら「公認決定を示すもの」「推薦決定を示すもの」等を出せばよいそうですが、無所属の人は何を出せばいいんだろう・・・

 

ちなみに、地域によっては名簿の閲覧履歴が公開されています。

↓は一例。

 

www.city.suginami.tokyo.jp

 

杉並区は去年の都議会議員選挙でも衆議院議員選挙でも無所属や諸派の方がたくさん立候補されていましたが、

これ見ると、現職の政治家・立候補者で閲覧した人の所属は

 

日本共産党

立憲民主党

都民ファーストの会

民進

自民党

幸福実現党

 

・・・有名どころばかり・・・

無所属・諸派の方はこの制度を使ってないだけなのか、使えないのかはわかりませんが、もし使えないんだったら不公平だから改善して欲しいですね。。。

でも閲覧のハードルが下がるのは困る。ジレンマ。

いっそのこと全部禁止にしてくれてもいい・・・・!

広告を非表示にする

PASMOの利用でポイントがたまるようになるらしい!

今日、駅に貼ってるポスターで知りました。

今までも、提携のクレジットカードで似たような制度があったみたいですが、

これからはクレジットカードじゃない普通のPASMOでも東京メトロに乗ったらポイントが貯まってチャージ金額に振替えることができるらしい!

*ただし定期券区間内や企画券区間内は対象外だそうです。

 

www.metpo.jp

 

↑この公式サイトに詳しく載っていますが、まず登録が必要で、その後の仕組みは以下のような感じのようです。

 

・利用1日当たり3ポイント(1日何回使っても同じ)付与

・土日祝日は上記に加えて4ポイント付与

・1ヶ月に10回以上使うと上記に加えて10ポイント付与

          ↓

・10ポイント単位でPASMOのチャージ金額に振替えられる(多機能券売機利用)

 

正直、小さいな。。と思いましたがちりも積もれば山となる!なのでやってみようと思います。

 

ポイントつくって聞いたときに一番最初に心配だったのが

会社で交通費を経費精算するとき、ヨドバシカメラビックカメラのポイントカード使ったときと同様給与課税の問題が発生してしまうのでは?

(交通費は会社が出すのにポイントは本人のものになってしまう問題)

って言うことだったんですがこの金額だと少額不追求でいけそうで(個人的意見)ちょっと安心しました。

 

また個人的には、「これだったら定期券つくるのやめたほうがいいのかな?」って思いましたが、全然そんなことなかった。

出勤日数が一ヶ月22日、定期以外の外出が一切無いと仮定すると

3x22+10=76 で、

76円分のポイントの損、ってことになりますが、

どう考えても定期で安くなってる金額のほうが大きいですね。

 

これぐらいが平和でいいなー

 

登録は、

まずWEBか郵送で仮登録した後、

自動券売機で本登録、という流れだそうです。

券売機が混みだす前にやってみよー!

5/31まで、入会特典500ポイントプレゼント中(本登録後30日以内に2回以上使うことが条件)だそうです!

 

広告を非表示にする

iPhoneのバッテリーを交換していただいた

今年に入ってからiPhoneの充電の減りが異様に早く、

一日中外出していると昼過ぎにはもう20%とかになっていて予備充電器のお世話にならざるを得ず困っていたので、

apple様の制度を利用して安くバッテリー交換していただいた話です。

 

すっごく簡単に言うと

チャットにてバッテリー予約→applestoreから入荷連絡のメール→来店予約→予約した日に行く→預けて1時間半待つ→無事完了

という流れでした。

 

くわしくはこちら↓

support.apple.com

 

以下ダラダラとした記録。

 

まず、この充電の減りは本当にバッテリーのせいなのか?と思い、「Battery Life」というアプリを入れてバッテリーの状態をチェックすることに・・・

 

バッテリー・ライフ (Battery Life)

バッテリー・ライフ (Battery Life)

  • RBT Digital LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

 

すると「バッテリー消耗レベル:72%」という結果に・・・・

完全にバッテリーがアカン・・・ 

 

それで、ちょっと前にappleがバッテリーの消耗を軽減するといういいわけ(?)で古いiPhoneのパフォーマンスをわざと落としていた責任をとりバッテリー交換を安くする、という報道があったのを思い出し、apple公式サイトを見たのですが、

直接店に電話するのがいいのか、アドバイザーの方とお話してからのほうがいいのかがハッキリわからず、間を取って(?)チャットで相談しました。

(チャットはポップアップブロックしているとできないので当該サイトのみ解除必要)

 

チャットの担当者の方はすごく丁寧でした。

そこでわかったことは

・私の端末はAppleCareの期限が切れているため有料(税込3,456円になる)

・私の機種であるiPhone 6 Plusのバッテリーは各店舗の在庫が少ないので事前に電話相談必須

・ヨドバシとかにあるApple正規サービスプロバイダ(クイックガレージなど)の場合は直接店に電話して相談が必要

Genius Bar(AppleStoreにあるやつ)の場合は、希望の店舗を言ってもらえればこのチャットで予約を受け付ける。在庫が確保できた時点で連絡するのでその後店舗にくればOK・でも5週間ぐらいかかるかも

 

ということでした。

これからまた店に電話するのが面倒だったのと、そのときちょうど確定申告期間中だったのですぐは行けないから5週間ぐらい待っても全然問題なし!と思って、チャットで予約をお願いしました。

 

そして2週間後、約束どおり指定店舗から在庫確保のメールがきました。意外と早かった。

そのメールには、来店期限と、予約して欲しい旨が書かれていたので電話して予約。

電話では「データが消える可能性があるので必ずバックアップは取ってください!!」と念押しされました。

 

その後予約した日時にAppleStoreに行きましたが、

おしゃれすぎてどこにいったらいいのかわからん!!!!

受付カウンターとかも無くて、木のテーブルやいすがおいてあるだけで全員立ち話しているように見えます・・・

しかしよくよく目を凝らしてみてみたら、どうやら店員さんは皆おそろいの服をきてるっぽい・・・

恐る恐る店員さんらしき人に声をかけたら、壁際の列に並ぶように言われ安心。

 

順番が回ってきて言われたこと

・データが消えるかもしれないけどバックアップは取っているか?

・画面に貼ってる保護フィルムが破壊される可能性があるけどいいか?

・端末を確認して、もしバッテリー以外に不具合があったらその分も修理するので金額が高くなるけどいいか?

・1時間半かかるので、その時間以降閉店時間までにもう一回来てくれ

引換券を渡すけど、もしかしたら身分証明書のチェックをするかも

(1時間半というのはたまたま私のときがそうだっただけで行ったときの店の状況によって変わると思います)

 

また、「iPhoneを探す」機能について、私はネット情報を見て事前にOFFにしていたので何も言われませんでしたが、OFFにしてなかったらその場でしないといけないみたいです。

OFFにするやり方は

「設定」→一番上の自分の名前が書いてあるところ→iCloudiPhoneを探す

でできます。(appleIDのパスワード入力必須)

 

それで、iPhoneを店に預けて1時間半周辺ぶらぶらして待ったのですが、

スマホがないと時間つぶしが困難な自分に気づいて愕然としました。。

税務通信でも持っていけばよかった。

行く方は暇つぶしの道具もって行くこと推奨です!

 

時間が経過したら受け取りに行って、簡単に動作チェックしてお金払って(バッテリーだけだったので予告どおり税込3,456円)終了。

幸運にもデータは消えてなかったし、保護フィルムもそのままでした!

 

バッテリーの状況を確認したら見事0%に!!

めでたしめでたし。

 

f:id:nekomage:20180320183133j:plain

 

安く交換してもらえるのは2018年12月31日までなので、思い当たる節のある方はお早めに!

 

広告を非表示にする